セキュリティ・ミニキャンプ in やまなし 2017

開催概要

一般講座

専門講座

講師プロフィール

開催概要

セキュリティ・ミニキャンプ in やまなし 2017 一般講座・パンフレット

セキュリティ・ミニキャンプ in やまなし 2017 専門講座・パンフレット

一般講座 専門講座
名 称 セキュリティ・ミニキャンプ in やまなし 2017
日 程

2017年9月23日(土)

2017年9月24日(日)

場所

山梨大学 甲府西キャンパス N号館N-11教室
〒400-8510 山梨県甲府市武田4-4-37 

山梨大学 甲府東キャンパス
〒400-8510 山梨県甲府市武田4-4-37 

アクセス アクセスマップhttp://www.yamanashi.ac.jp/access-map
キャンパス見取り図http://www.yamanashi.ac.jp/campusmap   
定 員

100名

20名 選考あり

参加資格 どなたでも参加できます
(社会人、学生、教職員、保護者等)

日本国内に居住する、2018年3月31日時点において25歳以下の大学院生・学生・生徒

主 催

国立大学法人山梨大学、特定非営利活動法人山梨ICT&コンタクト支援センター、セキュリティ・キャンプ実施協議会、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)

後 援

経済産業省関東経済産業局、 山梨県、 山梨県警察本部、 山梨県教育委員会甲府市、 甲府商工会議所、 山梨県立大学、 山梨学院大学、 山梨英和大学、専門学校サンテクノカレッジ、 山梨県インターネットプロバイダ連絡協議会、テレビ山梨、 山梨放送、 山梨日日新聞社、 日本ネットワークサービス、 エフエム富士

協 賛

テレビ山梨、株式会社大塚商会、クオリティソフト株式会社、トレンドマイクロ株式会社

費 用

無料。ただし会場までの交通費は自己負担でお願いいたします。


一般講座

一般講座スケジュール 9月23日 土曜日
12:30 受付開始
13:00
(10分)

『開演挨拶』独立行政法人情報処理推進機構理事長 富田 達夫氏

13:10
(50分)

『経営リスクの一つとして認識すべきサイバーセキュリティリスク』
経済産業省商務情報政策局 サイバーセキュリティ課課長補佐 希代 浩正氏

ITの活用が不可欠である企業等の経営者にとって、サイバーセキュリティが重要な課題と位置づけ、経営者がどんなことに留意すべきか、セキュリティ責任者に何を指示すべきなのか等を解説します。

14:00
(50分)

『20年の歴史を持つ「NECによるサイバー攻撃対策」事例』
日本電気株式会社 経営システム本部主席セキュリティ主幹 谷川 哲司氏

巧妙化・高度化するサイバー攻撃に対し、どのように立ち向かっていけば良いか、20年以上に亘り、セキュリティ事業に取り組んできたNECが提供するサイバーセキュリティを紹介します。

14:50
(10分)
休憩
15:00
(50分)

『実践的情報セキュリティ人材のつくり方』
株式会社ラック セキュリティアカデミー プロフェショナルフェロー 長谷川 長一氏

企業経営にとって重要な課題であるサイバーセキュリティ対応に、実践的情報セキュリティ人材が必要不可欠とされています。その人材像、備えるべきスキル、また、人材育成事例を紹介します。

15:50
(30分)

『IoTとセキュリティ』山梨大学総合情報戦略部長 大学院総合研究部教授 美濃 英俊氏

様々なIoT機器はネットワークを介して外部と接続されていること、個人情報等を外部とやり取りすること等から、適切なセキュリティ対策が必須となっています。このIoT機器の利用者が認識すべきセキュリティ対策について紹介します。

16:20
(30分)

『セキュリティ・キャンプ紹介』
セキュリティ・キャンプ実施協議会 企画・実行委員 講師WG主査 上野 宣氏

「セキュリティ・キャンプ全国大会2017」の紹介を「中心に、第一線で活躍する講師陣による講義の概要や、全国大会の選考を通過するためのコツ等を紹介します。

16:50
(10分)
クロージング
17:00
解散

一般講座募集要項
参加条件 誰でもご参加いただけます。
申込方法

メール本文に以下タイトルと必要項目を記載し申込窓口までメールを送信ください。

タイトル:セキュリティ・ミニキャンプ in やまなし 2017一般講座参加申込
必要事項:
・氏名(ふりがな)
・会社名または学校名
・部署名または学科・学年
・E-mailアドレス(確実に連絡がつくアドレス)

※申込された方には、窓口より「【受付完了】セキュリティ・ミニキャンプ in やまなし 2017」というタイトルの確認メールが届きます。

申込窓口

セキュリティ・ミニキャンプ in やまなし 2017 一般講座申込窓口
Email:yamanashi-ippan@security-camp.org

申込締切

9月15日(金)17:00必着
※先着順のため満席になり次第受付終了します。

お問合せ窓口

山梨NPO法人 山梨ICT&コンタクト支援センター「セキュリティ・ミニキャンプ in やまなし 2017」担当
山梨県甲斐市竜王新町1901-1  TEL 050-5561-2675  E-mail yamanashi_camp@aicomet.co.jp


専門講座

専門講座スケジュール 9月24日 日曜日
9:30

受付開始

9:50
(20分)

『オープニング』セキュリティ・キャンプ実施協議会 企画・実行委員 地域WG主査 佳山 こうせつ氏

10:10
(150分)

『手作りパケットでWebサーバと通信しよう』セキュリティ&プログラミングキャンプ2009修了生 美濃 圭佑氏

普段なんとなく利用しているインターネットですが、その裏では一体どのような通信が発生しているのでしょうか。その仕組みを知ることで、ネットワークセキュリティを始めとした様々な場面で役立てることができるでしょう。今回は手作りのパケットでWebサーバと通信し、その仕組みについて学びましょう。

12:40
(50分)
昼食休憩(主催者側にて用意いたしますので、皆さんで一緒に食事しましょう)
13:30
(150分)

『ローカルプロキシで遊ぼう』セキュリティ&プログラミングキャンプ2011修了生 庄司 直樹氏

Web 開発には、ローカルプロキシというツールが用いられることが多く、有名なものとしては Fiddler, Burp Suite などが挙げられます。これらのツールは様々な機能を持っていますが、コアとなるプロキシサーバ部分は、実は簡単に作ることができます。本講義では、自作ローカルプロキシを作成し、HTTP の仕組みや、プロキシサーバの動作について学びます。

16:00
(20分)
クロージング(記念撮影、アンケート記入等)~解散
16:20 解散

専門講座募集要項
参加条件
  • 日本国内に居住する、2018年3月31日時点において25歳以下の大学院生・学生・生徒(当日、学生証または年齢がわかるものをご提示いただきます)。
  • 団体行動のルールを守り、他の参加者と協調して参加できること。 
  • コンピュータサイエンスに関する基礎知識を持っていること。
  • 別途定める「セキュリティ・ミニキャンプ in やまなし 2017」実施規定を遵守できること。
  • 参加時点で20歳未満の方は、参加について保護者の同意を得られること(参加決定時に保護者の同意書を提出していただきます)。 
申込方法

専門講座申込用紙を記入の上、窓口まで、E-mailでお申込ください。

セキュリティ・ミニキャンプ in やまなし 2017・専門講座申込用紙(MS-Word)

セキュリティ・ミニキャンプ in やまなし 2017・専門講座申込用紙(テキスト)

※申込用紙の記入事項に不備があった場合には、受領されない場合がありますので注意してください。
※メールで申込の際には、必ずタイトルを以下のとおりとし、申込用紙送信先のアドレス宛に送信してください。
タイトル:「セキュリティ・ミニキャンプ in やまなし 2017専門講座参加申込」
※申込された方には、窓口より「【申込受け付けました】セキュリティ・ミニキャンプ in やまなし 2017 専門講座」というタイトルの確認メールを送信します。

申込窓口

セキュリティ・キャンプ実施協議会 ミニキャンプ in やまなし2017 専門講座申込窓口
Email:yamanashi-senmon@security-camp.org

申込締切

9月4日(月)17:00必着(17:00までに到着したものを有効とします)

参加者決定のお知らせ

厳正な審査の上、9月8日(金)までにメールまたは電話にて連絡いたします。

留意事項
  • 申込者多数の場合には、参加できないことがあります。専門講座の参加者は、申込書の質問事項回答内容を審査の上、関東甲信越の方を優先に選考します。
  • 会場までの往復の交通機関や宿泊施設は必要に応じてご自身で手配(費用自己負担)してください。
  • 専門講座の参加が決定された方には、「セキュリティ・ミニキャンプ in やまなし 2017」実施規定を遵守する旨の誓約書を提出していただきます。また、事前学習課題に取り組んでいただきます。
  • ミニキャンプ期間中には、マスコミ各社による取材活動が行われることがあります。また、取材された結果が氏名・学校・顔写真を含んだ受講時の様子を含めて各メディアに掲載されることがありますので、ミニキャンプに申込される方はその旨事前にご了解ください。
  • ミニキャンプ開催後には、主催者ホームページにて「セキュリティ・ミニキャンプ in やまなし 2017」の開催報告をする予定ですが、その際参加者が写っている画像を掲載する可能性があります。キャンプに申込される方はその旨事前にご了解ください。
  • ミニキャンプの講義の様子は、キャンプ事業の広報活動や技術啓発を目的として撮影、録音し、その内容を公開する場合があります。
  • 本事業の成果をはかることを目的として、ミニキャンプ参加後、参加者については参加者アンケートの提出を含めて、定期的にその後の活動状況についてフォローアップ調査(参加者は回答必須)させていただきます。参加を希望される方はその旨事前にご了解ください。
  • セキュリティ・ミニキャンプ in やまなし 2017に参加した方でも、セキュリティ・キャンプ全国大会や他のミニキャンプの応募は可能です。
お問合せ窓口 セキュリティ・キャンプ実施協議会事務局
〒102-0093 東京都千代田区平河町2-16-1平河町森タワー 株式会社ラック内
Email security-camp@lac.co.jp
TEL 03-6757-0196 FAX 03-6757-0112

講師プロフィール

希代 浩正
きだい ひろまさ

経済産業省商務情報政策局 サイバーセキュリティ課課長補佐

谷川 哲司
たにがわ てつじ

日本電気株式会社 経営システム本部主席セキュリティ主幹

長谷川 長一
はせがわ ちょういち

株式会社ラック セキュリティアカデミー プロフェショナルフェロー

美濃 英俊
みの ひでとし

山梨大学総合情報戦略部長 大学院総合研究部教授

上野 宣
うえの せん

1975年京都生まれ。奈良先端科学技術大学院大学で情報セキュリティを専攻の後、eコマース開発ベンチャーで東証マザーズ上場などを経て、株式会社トライコーダを設立。OWASP Japan 代表、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)セキュリティセンター研究員、情報処理安全確保支援士 集合講習講師、セキュリティキャンプ講師主査、情報セキュリティ専門誌 ScanNetSecurity 編集長、Hardening Project 実行委員、JNSA ISOG-J セキュリティオペレーションガイドラインWG (WG1) リーダー、SECCON 実行委員。 (ISC)2が発表した2017年アジア・パシフィック情報セキュリティ・リーダーシップ・アチーブメント(ISLA)を受賞。

美濃 圭佑
みのう けいすけ

学生時代より情報セキュリティやコンピュータネットワークに関して取り組み、2009年にセキュリティ・キャンプ(当時はセキュリティ&プログラミングキャンプ2009)へ参加。現在はソフトバンク・テクノロジー株式会社にて情報セキュリティ監視業務に従事。

庄司 直樹
しょうじ なおき

2011 年にセキュリティ&プログラミングキャンプ Web セキュリティクラスに参加。現在は Web エンジニアとしてゲームサーバの設計や開発・運用および Web フロントエンドの開発に従事。第 1 回 SECCON CTF 全国大会優勝。


PAGE TOP