実施協議会とは

名称

セキュリティ・キャンプ実施協議会
(英文名)Security Camp Executive Committee

目的

本会は、次代を担う日本発で世界に通用する若年層の情報セキュリティ人材を発掘・育成するため、産業界、教育界を結集した講師による「セキュリティ・キャンプ」を実施し、それを全国的に普及、拡大していくことを目的としています。

「セキュリティ・キャンプ」とは年1回開催する全国大会と年数回実施する地方大会、キャラバンを指します。

事業

本会は、前条の目的を達成するためにセキュリティ・キャンプの実施に関する次の事業を行う。

  1. セキュリティ・キャンプの実施に関する方針と企画立案
  2. セキュリティ・キャンプに関する情報発信、広報活動
  3. セキュリティ・キャンプ普及促進のための関連諸団体との連携活動

設立の趣旨

ITはあらゆる産業活動や国民生活に浸透し,日本の国際競争力強化や快適な国民生活の発展のために、ITを活用してグローバルに活動できる高度IT人材育成が社会的要請になっています。
これまで、経済産業省、(独)情報処理推進機構(IPA)では、次世代を担う高度IT人材育成に向けた取り組みの一環で、若年層の突出したIT人材の発掘・育成を目的に、2004年度から22歳以下の学生を対象に産業界の第一線で活躍する技術者から、高度なセキュリティ技術等を合宿形式の研修会を「セキュリティキャンプ」として実施しており、(2008年度~2011年度は「セキュリティ&プログラミングキャンプ」として実施)すでに多くの優秀な卒業生が社会でも活躍しています。

一方、昨今、サイバセキュリティ犯罪が多発し、その脅威がますます社会的問題になってきており、今後、高度IT人材の中でも特に、セキュリティ人材育成の必要性が高まっています。このような情報セキュリティを取り巻く環境を考慮して、2012年度から上記のキャンプをセキュリティ人材育成にフォーカスすることとし、産官学オールジャパンによる若年層セキュリティ人材の発掘・育成の場とし、その実施に関する「セキュリティ・キャンプ実施協議会」を設立いたしたいと考えた次第です。

本協議会では産官学によりキャンプ実施に関する実施計画の立案と地方講座の運営を担務し、本キャンプで発掘・育成された人材の活躍の場が広がり、将来、製品開発系、キャリア系、ベンダ系、ユーザ系などのセキュリティのトップガンになる可能性を秘めた学生と産業界との交流機会に役立つものと確信しています。


会員企業・団体(五十音順)

*2017年4月12日現在、35企業・団体


役員、企画・実行委員

会長

西本 逸郎 株式会社ラック 代表取締役社長

副会長

藤原 慎

エヌ・ティ・ティ・データ先端技術株式会社
セキュリティ事業部 事業部長

本田 康晃 ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ株式会社
品質環境推進部門 セキュリティ品質技術部 統括部長

監査役

  • 一般財団法人日本情報経済社会推進協会

理事

  • エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社
  • 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
  • サイボウズ株式会社
  • ソニーグローバルマニュファクチャリング&オペレーションズ株式会社
  • 一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)
  • 株式会社三菱総合研究所
  • 株式会社ラック

顧問(五十音順)

石森 大貴 ゲヒルン株式会社 代表取締役
篠田 佳奈 株式会社BLUE 代表取締役

事務局長

太田 大州 富士通株式会社 サイバーセキュリティ事業戦略本部 エバンジェリスト

企画・実行委員(委員長)

宮本 久仁男 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ

企画・実行委員

石森 大貴 ゲヒルン株式会社(協議会顧問)
佳山 こうせつ 富士通株式会社
篠田 佳奈 株式会社BLUE(協議会顧問)
福井 寛隆 一般財団法人日本情報経済社会推進協会
八尾 崇 株式会社ラック
上野 宣 独立行政法人情報処理推進機構(特別会員)
田居 久生 独立行政法人情報処理推進機構(特別会員)

PAGE TOP